天然調味料と健康志向食品の研究開発・製造、
各種天然素材の委託加工なら日研フード

社会・地域との関わり

お客様とともに

被災に強く、人と環境に優しい工場

調味料メーカーであるがゆえに、消費者の皆さまに“NIKKEN”の名が目に触れる機会は少ないかもしれません。しかし、世の中に知られざる存在であるからこそ、常に万全の信頼を頂けるよう、日々、開発・生産・販売に携わっています。
NIKKENでは、皆さまに信頼される商品をお届けするために、自然災害等による被害リスクを最小限にし、生産ラインの機能を速やかに回復させる体制など、お客様にできるだけご迷惑をおかけしないための「事業継続計画(BCP)」を制定しています。

フードディフェンス
セキュリティシステム強化やフェンス設置により、工場建屋への外部からの侵入防止を徹底
物流管理
平置き、ラック倉庫(自動倉庫)の区分けにより安全強化に努める
ハード&ソフトウェアの整備
バックアップシステム、無停電システム、免震ラック(ホストコンピュータ)、SAPシステムを導入
マニュアルの整備
自然災害による被災、新型インフルエンザ対策、原子力事故対応を想定した防災対策マニュアルなどを整備
建屋の耐震性強化
震度6強の地震の揺れにも耐えるよう、本社工場の耐震性を強化
2工場を解体新設、5工場に耐震施工を実施
資源・エネルギーの確保
「水」「電力」「ガス」を確保し、被災時にも基幹的業務を継続できる体制とする
水: 敷地内に井戸を堀り、専用の浄化装置を設置。発電機と合わせて、被災時にも工場稼働の必要量を確保
電力: コージェネレーションシステム(1000kw)運転により、工場稼働に必要な電力の多くを自社発電で賄い、
    不足分(約700kw)のみを電力会社から購入。被災時にも運転可能
ガス: LNGサテライト(天然ガス供給設備)設置で3日分をストック、緊急時の動力源として使用
ページの先頭へ戻る