営業本部(海外営業)

刻々変わる世界情勢にアンテナを

営業本部(海外営業)の仕事

日研フード製品の海外市場への販売、海外子会社の連携によって海外事業推進の役割を担っています。
日本からは日研商品を輸出し、アジア、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパ市場に販売。海外子会社の製品を仲介することにより、他地域の市場への販売と、海外子会社の直接販売の支援も行っています。

販売方法としては、海外のお客様との直接取引、子会社経由、代理店経由、商社経由などと地域や国の特性によってさまざまな形態があります。
現在、中国、台湾、タイ、アメリカに販売子会社があり、中国とタイに製造会社があります。
日研商品を世界中のお客様に販売し、国内営業、本社工場、海外子会社、海外工場、代理店との連携・チームワークで海外売上拡大に向けて、取組んでいます。


最初のステップ~入社1年目で覚えていくこと~

入社後~1か月 入社後1か月は、新入社員全員での新人研修を行い、研修最後に配属が決定します。
配属後~3か月 日研商品を理解できるようにします。どの地域のお客様がどのようなものを望んでいるか、日研商品でどのようにお役に立てる事が出来るのか、原料、加工工程、品質、使い方までを理解し、説明できるようにしていきます。
~6か月 基本業務である貿易実務をマスターします。貿易は国際的なルールが定められており、使用される書類は基本的に英語となります。日常英会話とは異なる使い方の単語や専門用語も多く、最初は戸惑うかも知れません。商品を知り、販売手段である貿易を理解する事が海外のお客様への販売活動の第一歩となります。
~1年 貿易業務を習得すると共にお客様とのやり取りをOJTで学んでいきます。最初は簡単な連絡内容から始めて、お客様からの受注、サンプルや資料要望、証明書や認証など品質保証に関係するもの、さらにはお客様への提案、新規拡売や売込み、海外出張計画の為のアポイント、価格交渉やクレーム対応など業務から営業まで幅広いコミュニケーション能力を養っていきます。

営業本部(海外営業)の仕事のココが面白い!

国際間での取引ですので当然日本円だけでなくUSドルやユーロなどの外貨を取り扱います。日本円は国内での価値は変わりませんが、海外との通貨から見ると毎日変動しています。逆に外貨を使用していると円高・円安の影響を受け売上金額や利益など直接影響が出てきます。毎日のようにニュースで聞く為替変動が海外事業部では仕事には直接影響する事を実感できます。
海外とのやり取りはメールが主ですが、時に、電話とファックスでコミュニケーションを取ります。
日本で製造されたものを海外のお客様に採用して頂くためには、私たちが日本とは異なる国の文化、慣習、食品などを理解する事と、一方でお客様にも日本の食品や文化を理解して頂くことが必要となります。海外出張の際には直接お客様を訪問、面談を通しての交渉が必要となります。さまざまな地域の人々との交流を通して世界を知ることができる一方、世界の中の日本を知ることもできるでしょう。


こんな人が向いています!

商いの心を持った人 人を喜ばせる事が好きな人、相手に対しての感謝の気持ちを持ち、素直に相手の言葉を聞くことが出来る人です。お客様が何で困っているか、どうしたら喜ぶか、何で役立てるかを考え実行することは、商売の重要な基本の一つです。
好奇心の強い人 日本とは違う文化、歴史、食品に対して関心・興味を持つことが海外志向の基本です。地域や国ごとの違い、日本との違いにも関心を持って取組める前向きな姿勢が望まれます。食品以外でも世界中に起きているさまざまな情報に関心を持つ事は、その人の国際的感覚をより高いものにします。
自立心の強い人 一人での海外出張、お客様訪問ができる自立心が必要となる職場です。 海外に出たら日研フードの代表としての誇りを持ちながらも、お客様の立場を尊重し、謙虚な姿勢で日研商品を説明、売り込んでいかなければいけません。
コミュニケーション力
のある人
海外事業部での外国語能力は必須ですが、語学の前に基本的なコミュニケーション能力が求められます。日常での会話や連絡、会議中でも相手の意図を正しく理解する事、自分の意見・意思を明確に伝える事は必須条件となります。その上で言葉の違う国の方々とのコミュニケーションによって相手を理解し、自分を理解して頂き人間関係と商売を作り上げていく事が大切です。

先輩社員インタビュー


当社の海外事業は歴史があって、ほぼ創業時に既に日本からの輸出販売を開始しています。2013年12月に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、こうした世界の「和食ブーム」以前から、日本発のおいしさを世界の人々にお届けしています。現在では、日本・中国・タイにある3工場から、それぞれの特徴を生かした製品を、アジア・北米を中心とした市場で、それぞれの国の食文化にあわせて販売しています。世界から仕入れた原料を、日本の技術で天然のおいしさに加工して、世界中のおいしさに貢献する。おいしさを通して世界中の人々の健康に貢献する。
世界を舞台に活躍したい方をお待ちしています!!

海外事業本部 海外事業部 本部長 衛藤弘敏